2015年02月16日

柳宗理のこと。

こんにちは、ホシカワです。

バレンタインも過ぎて、
男性のみなさん、今年はいかがだったでしょうか?

ええ、14日が土曜日だったので、恋人同士には良い日にちですが、
義理チョコもらいたい症候群の紳士の皆さん(おっさん達)は
少し寂しい思いをされたんじゃないでしょうか?

ま、13日の金曜日にもらったよーって方はおめでとうございます!
そうでなかった人も今日、月曜日、
ちょっぴり期待をして、結果寂しく帰宅するってのでいーんではないでしょうか(笑)


さて、そんな事はさておき、
新生活のことについて今日は少し。

本当に引っ越しなどで環境が新しくなる方はスゴく新生活って意識しますが、
そうでなくても何となく、何か身の回りのモノを新しくしてみたくなる、
そんな感じの新生活もあると思います。


で、自分のことを振り返ってみても、
新しい鍋とかフライパンの類、
やっぱり新生活シーズンに買っちゃってるんですよね。

実は密かに、代表作「バタフライスツール」で有名な
プロダクトデザイナー、柳宗理 / Sori Yanagiの
キッチン系のシリーズが結構好きで、
色々たまって来たので、使用感などを少し。


0000001047-01.jpg


まず一番最初に購入したのが、ステンレスプレートで、
単純に白系のプレートじゃなく、

「シルバーで素材違いがあってもイイよねっ。」

てだけで、何の気なしに購入したのですが、
使ってみると、このステンレス素材の削り出し感というか
質感みたいなモノに一発でやられてしまい、
その後、調理器具系へと深みにハマって行きました(笑)


2番目に購入したのが、片手鍋(つやけし)で、
あのフタと鍋の一体感もさる事ながら、
もう、質感は絶対気に入るに決まっていたので、
実際の調理の際の具合はどうかな?と。

片手鍋なので、どれも大差ないと言えば無いのですが、
あえて、他商品との違いをあげるとすれば、程よい重量感なんです。

中に料理が入るんだから、軽ければ軽い方がイイって方もいるとは思いますが、
男心(ゴコロ)をくすぐられるのが、この重量感。
そう、軽過ぎてはダメなんです!
軽過ぎると子どものおもちゃみたいな感じになるんです。

道具として、上質なモノなんだな、
と持った時に感じる事が出来る重量感にこだわりたい。

とまあ、そんな事で、サイズ違いの片手鍋が増え、
ミルクパンが増え、といった具合です(笑)

そして、つい最近、我が家に鉄フライパンが!
これは、もうちょっと使ってみてからインプレッションを報告するって事で。


そうですね〜、一言だけ言うと、

「玉子焼き、めっちゃ楽しくなります♪」

ではまた近いうち、柳宗理アイテムのことを〜。

→柳宗理アイテムはコチラ
posted by アンジェ at 10:05| Comment(0) | ソリューション:ホシカワの日記