2015年09月10日

すっきりスタイリッシュなランドリー!

こんにちは、ヤマダです。

この春、登場した、
tower キッチンバスケット タワー

141445.jpg

カウンターキッチンが増えてきた住空間で、
魅せる収納を叶えてくれるアイテムです。

もともと、キッチン収納として
紹介しているアイテムですが、
こんな使い方も。

IMG_2040.jpg

先週、行われていた展示会のディスプレー。

メーカーさんもビックリ!
こちらのランドリーラックに素敵にはまります。

お家のランドリースペースを、
すっきりスタイリッシュにみせたい。
そんな願いを叶えてくれそうです。


空間で圧迫を感じないデザインで、
頑丈な作りのスチール素材のバスケットは、

スタッキングもでき、
シンク下収納などキッチンまわりはもちろんの事、

リビングにランドリースペースにと、
空間の至るところで活躍してくれそうです。

tower キッチンバスケット タワー
この秋、収納を見直したいなーとお考えの方は、
ぜひ、こちらも候補にいれて頂けるとウレシイです。

posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | バイヤー:ヤマダの日記

2015年09月09日

目玉焼きが美味しいんです。

バイヤーのヒラヤマです。

新米の季節がやってきましたね。

炊きたてのご飯に、秋刀魚の塩焼き。
あーもう、これだけでもう幸せです。

以前もブログでご紹介した、
九谷焼ななかまどさんの、片手パンとお鍋のセット

IMG_6753.jpg

2号まで炊けるこの土鍋は、コンパクトなサイズ感なので、
基本炊けたらそのまま食卓へサーブします。

この土鍋を使い始めてから、約半年くらいでしょうか。
わが家の炊飯器(普通レベルのもの)は、棚の奥の方に姿を潜めています。

半年くらいたつと、かなりいい味をだしてきます。
使い込んだ感じがまたお気に入りなんです。

そして、土鍋だけじゃありません。

この片手パンで焼いた目玉焼きが、とっっても美味しいんです。

わたしは目玉焼きは断然半熟派なので、
フタをして、半熟になったころが食べごろ。

この片手パンで焼くと、半熟の黄身を箸でツンツンしても、
黄身がとろっと出てこないんです。
(普通すぐにとろっと出てきますよね!?)

なんでしょうか、この弾力?
うすーい皮のようなもので覆われた感じで、
半熟の黄身ごと箸で持ち上げることができるほど。
(軽〜く燻製されたみたいな感じ。)

炊きたてのご飯の上に、半熟の目玉焼きを乗せて黄身を割ると、
普通のフライパンで焼いた目玉焼きよりも、
明らかにとろ〜っとしてるんです。
そこに醤油をかけてご飯と馴染ませていただきます。

あ、幸せ。

生の卵を割りいれる卵かけご飯も好きですが、
この片手パンで焼いた目玉焼きご飯がマイブームです。

もちろん目玉焼きだけじゃなくて、
野菜、お肉の炒めものなんでもOKです。

小さめサイズなので、旦那さまのおつまみも、
適当に炒めてそのまま食卓に持っていくだけでサマになるのが嬉しい。
出来立てあっつあつですし、手抜き感なしです。


ななかまどさんのお鍋や器は、ご夫婦2人で作られています。

金沢駅から車で移動して、細い道をくるくると上がったところに陶房があります。
お2人のこだわりが感じられる、とっても素敵な陶房でした。

IMG_6838.jpg

陶房の中に入ると、暖炉が置いてあって、
ご夫婦が飼っている黒猫が、暖炉の前で丸くなっていました。
可愛い・・・

IMG_6859.jpg


さてこれから始まる食欲の秋!
新米や秋の味覚を楽しみましょう^^
posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | バイヤー:ヒラヤマの日記

2015年09月08日

趣味のお話

こんにちは、サポートのクラタです。


さて、最近ぬか漬けにハマっています。

以前から興味はあったのですが、
「続くかな〜すぐにダメにしてしまうかも」と不安がいっぱいで、
ためらっていたのですが、遂に勇気を出してぬか床をゲットしました!

ぬか床をゲットしたら、次はぬか床を入れる容器。
憧れの琺瑯にしようと決めてはいたのですが、
ぬか漬け美人」と、「ラウンドストッカー」で悩む悩む。。。


結局、三日坊主になってしまっても何かに使える容器にしよう!
という事で、「ラウンドストッカー」に決定しましたぴかぴか(新しい)
無題.png


ぬか漬けを始めて、まだ2週間ほどなのですが、
定番のきゅうりや大根はモチロン、変わり種でゴーヤや生姜も漬けて、
初心者にしては美味しい出来上がりになったので、大満足ですわーい(嬉しい顔)

憧れの琺瑯でぬか床のお世話をするのが夢だったので、
今のところは飽きることなく、せっせと毎日お世話をしています。

このまま「何十年のぬか床」になるまでお世話できたらなぁと、
新しい夢を抱きつつ、ぬか床の勉強をして極めていきたいと思いまするんるん

posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | サポート:クラタの日記

2015年09月07日

奥深きワイングラスの世界。

こんにちは、ホシカワです。

9月も1週間が経ちました。
残暑はどこへやら?の比較的心地よい感じでいいですね〜。
汗っかきのボクとしては、このまま秋が深まってくれるのを心待ちにしています。

さて、プライベートで引っ越しなんかをしてまして、
色々荷造りなんかをしている時に気付いてしまったのですが、
グラスの種類を増やした方がいいのかな?と。

普段使っているのは、iittalaのカルティオなんですが、
まあ、ビール、水、焼酎、ワインと何でもコレで済ませていたんですが、
最近、頂き物でワインと縁があり、
何となく、お店のようにちゃんとしたワイングラスで飲んだ方が
家でもより美味しくなるのかな?と。
まあ、大して味の違いが分かるわけでは無いので、雰囲気だけの問題ですが(笑)

どうも、ワイングラスのあのステム部分があまり好きではなく、
どうしたものかと思っていたら、あるんですね脚や台座を無くしたタイプが。

0907_01.jpg


RIEDEL (リーデル) ワイングラス オーシリーズ リースリング ペア

ワイングラスでは有名な、made in GermanyのRIEDELのモノです。
改めてページを見てみると、まあ、色々な種類があって、
相性の良いワインなんかがそれぞれのグラスにあるんですね〜。


0907_02.jpg


いやはや、奥深いワイングラスの世界。

食欲の秋のお供に、ワイングラスでも新調してみようかと思っています。
posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | ソリューション:ホシカワの日記