2016年06月13日

常備菜作り

こんにちは、タグチです。


最近、週末に常備菜を作るようにしています。
そんな時に役に立つのが、こちらの野田琺瑯の容器。

野田琺瑯

サイズが揃っているので、スタッキングしながら、冷蔵庫の限られたスペースに無駄なく収納でき、
なんといっても、ホワイトボード用のペンで直接書き込みが出来るのが便利。

透明PPや、ガラスの容器ではそうはいかず、全面のり付きの付箋を使用していたのですが、
そういったものが不要で、ペン一本で済んでしまうのが、些細なことのようですが、
面倒がなく、気に入ってます。

野田琺瑯 スタッキング

そして、冷蔵庫に並べたときの統一感のある感じが、冷蔵庫を開けるたびに気分がよいので、
イロイロ揃えたくなります。


あとは、
色移りしないこと。これ、長く使うには重要なポイントだと思います!
ニンジンやカボチャなどの色移りの強い野菜でも、カレーやミートソースなどの保存でも、大丈夫。
いつでも気持ち良く使えます♪

ちなみに、
私がいつも使用しているのはこの2サイズ。
大きすぎないので、常備菜の保存にはちょうどイイんです。
また、無駄のないスクエア型なのが◎。

野田琺瑯 ホワイトシリーズ スクウェア S

野田琺瑯 ホワイトシリーズ レクタングル深型 S


最後に、
梅雨時期の常備菜作りは菌の繁殖も心配。作っても早くに傷んでしまっては意味がなし。。。
なので、
こちらのスプレーは、口に入っても問題のない成分なので、
まな板や包丁、容器にシュッシュッとこまめにスプレーして除菌しながら、
調理するようにしています。



posted by アンジェ at 10:24| Comment(0) | 店長タグチの日記