2015年06月29日

カレーライスのような椅子

こんにちは、ホシカワです。

昔からファンの方もたくさんいらっしゃると思います、
日本の名作、あの、Nychair X / ニーチェアエックスのことを今日は。


0629.jpg


「座り心地を落とさず、とにかく安く(手頃な価格)、
道具のように役に立ってこそ椅子」

という信念のもと、インテリアデザイナー新居猛さんが誕生させた椅子、
食べ物で例えるなら、「カレーライスのような椅子」を目指したとか。

確かに、高いお金を払えば、美味しいものや良いものは手に入りますが、
お手頃感、お値打ち感、ここ重要ポイントですよね。

世間一般によく言われる、コスト・パフォーマンス。
最近、「コスパ」なんて略され、
すぐに、「コスパが悪いよね〜」なんて、
本来の定義とズレ始め、安いモノ、お得なモノみたいな括りにされがちですが、
そもそも、コスト・パフォーマンスとは、

「支払う金額よりも価値が高い」

という事であり、
改めてこのニーチェアエックスのこだわりポイントや
くつろぎ感を感じることで、コスト・パフォーマンスってこういう事か、
と実感している最中です。

MOMA(ニューヨーク近代美術館)の永久コレクションにも
選ばれており、今もなお、国内外問わず評価をされ愛され続けている椅子、
こういうアイテムがもっともっと普通に知られるようになって、
人気モノになって行けるよう、全ての小売店がお客様に伝えていく
役割を担っているんだと思います。

すごくコスト・パフォーマンス良いんだけど、
まだまだ埋もれているアイテムにスポットライトを当てるコーナー、
なんてのをやればオモシロイかも知れませんね。
posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | ソリューション:ホシカワの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。