2012年06月18日

またいちの塩。


こんにちは、ホシカワです。

またまた九州は糸島のことを。
大人の社会見学&子どもの大好きな自然がたっくさんある糸島。
今回は、製塩所 「またいちの塩」に行って来ましたー。

うみーー。


海っぺりのロケーションで、
製塩所からは玄界灘が一望できる。

まさに、

「う〜み〜はひろい〜な〜、
 おおき〜い〜〜な〜〜。」

またいちの塩

またいちの塩2


塩造りはと言うと、
昔ながらの製法に、糸島の海と風、
季節や気候・天候が合わさり造られるため、
大量生産は出来なく、少量しか作れない。
でも、その海の恵みと塩の結晶に魅せられた人々が
足繁く通う、そんな製塩所。


自然の海水を立体式塩田で濃縮させ、
釜で3日間じっくり炊き上げさらに寝かせる
といったものだそうです。

塩造り

こんなん


おススメの「塩レシピ」はというと、

「おにぎり」だそうです。

まちいちの塩のみで握る(結ぶ?)おむすびは
格別に旨いそうです。

他にも肉や魚なんかも、塩のみの味付けで食べてほしいと。
塩本来の味にはもちろん自信があるのだと思いますが、
素材本来の味を最高の状態で引き出してくれるのが
ここのお塩。

低めの温度でゆっくり結晶するため、
粒が薄く柔らかだから、素材に優しく溶け込む、
のだと思います。


あと、塩だけじゃなく、
またいちの塩で作った、梅干し、ポン酢、バジルペースト、
柚子こしょうなんかも販売。
柚子こしょうって、なんか好きなんですよね。
香り高いというか、ちょっと付けるだけで
いきなりご馳走感が2倍増しになるというか。


さて、今回の1つ心残りは、
塩釜ゆで玉子(1個100円)が、
売り切れてて、食べれなかったこと…。

坂東英二さんが先に来て、買い占めたんですかねーー?

「ほんまにもぉ〜!!」

ちびっ子

おしまい。

posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | ソリューション:ホシカワの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。