2014年04月04日

『捨てること』


春とは…出会いもあれば、別れもある季節。
制作部 サカマキです。

---------------------------------------------------------

先週は、新しく部屋に買うものを考えてウキウキしていましたが、
今週は、お別れするものを。


気付いてしまったんです。今の生活に、いらない炊飯器。
玄米って、お鍋でも炊けるんです。しかも簡単に。
最近この方法を知ってからは、お鍋で炊くのが楽しくて。



前準備の吸水も必要なしで、いきなり強火にかける方法。
今のところ、家のどのお鍋でも美味しく炊けています。昨日は、とうとう鋳物の大鍋で挑戦。

玄米ごはん

写真にうまく撮れませんでしたが、炊き立て最高。
だけど、「次回は、あとほんの少しだけ水の量少なくしてもいいかな〜」
なんて、分量も毎回ほんの少しだけ変えてみたり。


楽しくて、もうスイッチ一つの炊飯器には戻れません。
次の粗大ごみ回収の日に、長い付き合いだった炊飯器生活とお別れする事に決めました!!



と、どうでもいい話を書いてしまったので、炊き方を。

【簡単な玄米の炊き方】

 1.洗ったお米の、1.2倍くらいのお水と一緒にお鍋へ
 2.強火で火にかけ、水分がなくなるまで待ちます。
 3.音が変化するので、すかさず、お米の0.75倍くらいの冷水を入れる
 4.グルグルかき混ぜます。
 5.水の量によって、強火→中火→弱火
 6.食べてみて問題なかったら、火を止めて蒸らす。


アバウトですが、まだ1度も失敗していません。水の量は、良い分量が決まるまで調節を。
強火にかけるので、焦げないように音に注意です。フタに穴が付いているお鍋は、フタをしたまま。
穴がないお鍋は、ふきこぼれないように少しずらしておきます。


今日のごはんのお供は何にしようかな〜。

---------------------------------------------------------


腕を上げたら、きっと欲しくなる


南部鉄器 ご飯釜


長谷製陶 かまどさん


良い週末をお過ごしください。
【ディレクター:サカマキの日記の最新記事】
posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | ディレクター:サカマキの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。