2014年05月19日

伊都安蔵里のこと。

こんにちは、ホシカワです。

先週に続いて、最近のお気に入りエリア、
糸島のことを。

伊都安蔵里という、
カフェや野菜の直売所が併設している施設があって、
そこがかなりイケてるんです。

大正年間に創業したと言われる「旧福寿醤油」の
昭和初期の古建築をリノベーションされた建物で、
存在感が半端なく大きい。

店舗内写真は実際に行くか、公式HPを拝見してもらうとして、
外観はこの佇まい。

2014-05-06-13.57.01.jpg


2014-05-06-13.56.49.jpg


しかも店前の道路は用水路なんかもあって、
とてもいい感じ。


こういう用水路、子どもの頃、絶好の遊び場になるんですよねー。
魚やザリガニ、おたまじゃくしやヤゴなんかをひたすら探したり、
葉っぱの船で競争やったりとか。

最近は危ないって理由で禁止になってるかもですが、
少々痛い目というか、一回くらいハマって水浸しになる方が、
次から気を付けるし、遊んでた仲間同士で助け合うという事で
いいと思ってます。
まあ、賛否両論ありますが…。


ボクは実家が京都だったので、鴨川でこんな感じで
良く遊んでて、結構な回数、川に落ちて、
ドボドボで家に帰り、母親に叱られ、
おばあちゃんに慰められるという事を小学校低学年くらいは
繰り返していた記憶が…。


話が脱線しましたが、
この伊都安蔵里で売られている野菜がめちゃくちゃに美味いんです。

自然農法、無農薬、有機野菜で、
大量出荷ではなく、農家さんで大事に育てられた野菜たち。

そんなに大量に買えない(食べれないため)のですが、
その日と翌日分くらいを買って帰り楽しみに食べてます。


さて、そんな伊都安蔵里のサイトに書いてあって、
とても気になったフレーズ。

「人間の子育てにおいては、大人になるまでどのように親に育てられたのか、
 そのプロセスがとても重要になってきます。
 野菜たちも同じことが言えます。」


う〜ん、深いですね。

posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | ソリューション:ホシカワの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。