2016年04月13日

益子焼の器のこと

バイヤーのヒラヤマです。
先日、栃木県の益子町に行ってきました。

アンジェでも取り扱いをスタートした益子焼の器。

「和田窯」「つかもと窯」の2つの窯元さんの器を取り扱っていますが、
まずはそのうちの1つ、和田窯さんのことを。

IMG_0109.jpg

「和田窯」は、伝説の陶芸家といわれる、
合田好道(ごうだよしみち)先生が昭和56年に創設した、合田陶器研究所の建物を引き継ぎ、
弟子であり一番の理解者であった、和田安雄氏が新たに開いた窯です。

その後、平成19年に、昭和49年創業の陶器ギャラリー「陶庫」と合併し、
日常に使いやすく、時代に合った器作りをしています。

IMG_1252.jpg

益子町のメインストリート、城内坂通りの入り口にあるのが、
陶器ギャラリー「陶庫」です。

ギャラリーの中には、和田窯の器を始め、数十人もの作家さんの作品が並んでいました。

IMG_1191.jpg

和田窯の器は、すべて益子の伝統の釉薬を使って作られていて、
単色だったり、伝統釉薬を組み合わせて作ったり、
その色の組み合わせは、どれも相性が良く、
たっぷり時間をかけて選ばれるお客様が多いんだとか。

まずは形、そのあとに釉薬の色、
料理を盛ったらどんな感じかな、持っている器との相性はどうかな・・・
と、私もゆっくりと選ばせていただきました^^


益子の伝統釉を2種類使った、上の画像のツートンカラーの器がとても印象的でした。
内外でツートンになっているものと、左右でツートンになっているものがありますが、
実はこれ、同じように見えて、作る手順・手間が異なるそうです。

左右でツートンになっている器は、
成型後に素焼き、2種類の釉薬を塗って本焼きという流れで作りますが、

内外でツートンになっている器は、
素焼きのあと、外側の釉薬を塗って焼いたあと、内側の釉薬を塗ってもう一度焼きます。

このとき、お互いに色がうつらないように、釉薬を塗らない部分に蝋がけをします。
(これを蝋抜きといいます。)

単純に焼く回数が1回増えるため、その分手間がかかります。
そのため値段も異なるんです。

三彩椀も、この丸紋を描くのが、実はとっても難しい職人技だそうです。
話しを聞くと、その器により愛着が湧いてきます。

アンジェでも取扱いが増えてきた、日本の器。

器の作られる背景や、作り手さんの想いなど、
たくさん伝えられると良いなと思います。
posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | バイヤー:ヒラヤマの日記

2016年03月30日

お待たせしました!

バイヤーのヒラヤマです。

お待たせしてしまいすみません!
本日あの、チョコバナナが復活登場ですっ。

待ってました〜!
という方がたくさんいらっしゃると嬉しいな〜と
密かに思っています。。

ギフトに贈れるBOX入りと、
お試し、自分買い用にちょうど良いハーフサイズ、どちらも再入荷しています。

140233-m03.jpg

実はこのチョコバナナ、
昨年は5個入りで販売していました。

お徳用のサイズもあったらいいな〜というお声もいただいたいたので、
アンジェのロングセラーの「いちごチョコ」と同様に、
75g、150g入りを作りました!

そこに気づいて下さった方の、嬉しいお声もいただいています。

↓レビューより

◆丸刈rり〜太さま
昨シーズンのものは価格はお安かったもののかなり量が少なく購入を見送りました。今回はいちごバージョンと同じ箱だったのでそこそこ量は入っているだろう と思い、小袋タイプ数袋とともに初購入。みなさまのレビュー通りねっとり感がクセになる感じです。チョコもたっぷりかかっているので満足感があり、少しず つつまむのにちょうどいい感じ。冬の手土産にバリエーションが増えて嬉しいです♪

◆ニッキイさま
何度もリピート中です。カサカサではないやや粘りも感じてくるバナナにハマりました。

今回も限定数の入荷になりますので、
気になっていた方、リピートしたいと思っていて下さった方、
そうぞお早めにチェックしてみてください^^
チョコバナナ BOX入り(75g×2袋)
チョコバナナ ハーフサイズ(75g)
posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | バイヤー:ヒラヤマの日記

2016年03月16日

チアシードのストック用にも◎。

バイヤーのヒラヤマです。

先日登場したdopperのウォーターボトル
私も愛用しています。

IMG_1394.jpg

1番伝えたいのは、
手になじむ形状と質感です

細くもなく太くもなく、
手のひらに収まる絶妙なボトルの大きさ。

マットな質感で、dopperのロゴが滑り止めにもなって、
ツルツルしないところ。

シンプルなんですが、
洗練された雰囲気があるんです。

IMG_1395.jpg

dopperの魅力は、
持ちやすさだけではありません。

飲み心地が、まさにペットボトル!

あの慣れ親しんだ飲み心地が、
しっくりくるんですよね〜。

半透明なので、
中身の適度な透け感も気に入っています。

そして、真ん中から開けることができるので、
洗いやすさも抜群なんです。

面倒くさがりな私としては、
洗うときにパーツが4つ以上になるとちょっと。。笑
dopperは、パーツは3つなので許容範囲です!


Watercocktail-header-home1-1600x708.jpg


常温水やフレーバーウォーターの持ち歩き用としてはもちろんですが、
色々な使い方をしてみて、コレいいな〜と思ったのは、
水でゼリー状に戻したチアシードのストック用に使うことです。

1、粒のチアシードを、1週間分このボトルに入れて、
  水を入れてゼリー状に戻しておきます。

2、毎朝、飲み物やヨーグルトに必要な分だけ、
  トロトロ〜っと注ぎます。

今まではメイソンジャーでストックしてたんですが、
いちいちスプーンで注ぐのが面倒で…
スプーンを使わないとドロッと出しすぎてしまったり。笑

dopperなら、入れすぎも防げて、
1週間分使い終わったあとも洗いやすくて◎^^


最後に、dopperのもう一つの魅力は、
豊富なカラーバリエーションです。

清潔感のあるホワイトから、元気が出そうな鮮やかなカラーまで、
家族で色違いにしたり、用途別に分けて揃えるのもいいですね。

ライフスタイルに合った使い方で、
dopperでマイボトル生活を楽しんでみてください^^
posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | バイヤー:ヒラヤマの日記

2016年03月02日

sghrの展示会に行ってきました。

バイヤーのヒラヤマです。

先週、青山のスガハラショップで行われている、
sghrの展示会に行ってきました。

今回も素敵な新作がたくさん展示されていました。

作り手の職人さんも展示会場にいらっしゃるので、
想いを直接聞けるところが、良いところです。

下の画像は、新作を中心にテーブルコーディネートされた様子です。
グリーンとイエローのカラーが春夏らしく、とっても爽やかな印象でした。

IMG_8091.jpg

一通り見終わったあとは、
すぐ近くにある「REST」というカフェで、
新作の器やグラスでスイーツとドリンクをいただきます。

その様子がこちらです。

IMG_8606.jpg

IMG_0013.jpg

実際にスイーツが盛り付けられたり、ドリンクが入ると、
展示会場で見た器やグラスたちもまた違った表情を見せます^^

この春夏に、また新作を追加予定です。
お楽しみにお待ちください。

sghrの商品はこちらからどうぞ。
posted by アンジェ at 10:00| Comment(0) | バイヤー:ヒラヤマの日記